菊田みのり保育園

大切にしていること 楽しい園生活を通し考える力、やさしい心、元気な体を育みます。

私たち菊田みのり保育園では、子どもたち一人一人が安心して過ごせるよう見守りながら、一緒にのびのびと遊ぶことで、考える力、やさしい心、元気なからだを育んでいきます。
毎日、子どもたちが笑顔で保育園に通い、「今日は楽しかった!」「また明日保育園に行きたい!」と感じてもらえることが、職員全員の何よりの願い。
一人一人の個性に寄り添い、保護者様が安心してお仕事にいくことができるよう、職員一同努めてまいります。
菊田みのり保育園で過ごす毎日が、子どもたちにとってより彩り豊かなものになりますように。

保育園の目的

保育園は、保護者が就労、病気などの事情により、児童を家庭で保育できない場合において「子ども・子育て支援法」および「児童福祉法」に基づき、保護者に代わって保育を行う児童施設です。
保育園は児童の健全な心身の発達を促し、
豊かな人間性をもった子どもを育成する
ことを目的とし、保護者が安心して預けら
れるよう児童の保育をしています。

保育理念

「知育・徳育・体育の調和のとれた人間性豊かな子どもを育てる」

保育方針

  1. 子ども一人一人の特性に応じた養護・教育を行い、安心・安全に過ごせる保育環境の中で、生き生きと過ごせるようにする。
  2. 保育者と子どもの信頼関係を基盤にした子ども同士の健やかな人間関係の育成をする。
  3. 乳幼児期の自我の形成と、主体性を育む保育の展開をする。
  4. 家庭の保育ニーズに応じながら、親子関係を軸にして家族の絆を大切にした子育て支援の推進をする。
  5. 地域社会との連携、交流を図る。

保育目標

「明るく元気な子供」「やさしく思いやりのある子供」「よく考え、工夫する子供」
  1. よく食べ、よく眠り、よく遊ぶ子
  2. 体を動かすことを喜び、楽しく運動する子
  3. きまりや危険な遊び方・場所がわかり、安全に気をつけて行動する子
  1. 友だちと積極的にかかわり、様々な感情体験を味わう子
  2. 自分の考えや相手にも思いや考えがあることに気づく子
  3. 友だちと一緒に遊びや仕事を進める楽しさを味わう子
  1. いろいろなことに興味や関心をもち、見たり、聞いたりする子
  2. 身近な物を使って、考えたり、試したりするなどして遊ぶ子
  3. 感じたり、考えたりしたことをいろいろな方法で表現する子

オープン保育の実施

幼児組では月に1回、クラスの枠をはずし、同年齢や異年齢の子どもたちと触れ合い、交流する「なかよしデー」を行っています。
さまざまな友だちとの関わりを深めることで、互いを認め合う心も育まれていきます。

また、子どもが自ら興味や関心をもって遊びができるよう、コーナーや場の設定には柔軟に対応。子どもの創意工夫に適宜答えていくことで、自主性・思考力・想像力を育むような保育を心がけています。

大切にしていること 楽しい園生活を通し考える力、やさしい心、元気な体を育みます。

私たち菊田みのり保育園では、子どもたち一人一人が安心して過ごせるよう見守りながら、一緒にのびのびと遊ぶことで、考える力、やさしい心、元気なからだを育んでいきます。
毎日、子どもたちが笑顔で保育園に通い、「今日は楽しかった!」「また明日保育園に行きたい!」と感じてもらえることが、職員全員の何よりの願い。
一人一人の個性に寄り添い、保護者様が安心してお仕事にいくことができるよう、職員一同努めてまいります。
菊田みのり保育園で過ごす毎日が、子どもたちにとってより彩り豊かなものになりますように。

保育園の目的

保育園は、保護者が就労、病気などの事情により、児童を家庭で保育できない場合において「子ども・子育て支援法」および「児童福祉法」に基づき、保護者に
代わって保育を行う児童施設です。
保育園は児童の健全な心身の発達を
促し、豊かな人間性をもった子ども
を育成することを目的とし、保護者
が安心して預けられるよう児童の保
育をしています。

保育理念

「知育・徳育・体育の調和のとれた人間性豊かな子どもを育てる」

保育方針

  1. 子ども一人一人の特性に応じた養護・教育を行い、安心・安全に過ごせる保育環境の中で、生き生きと過ごせるようにする。
  2. 保育者と子どもの信頼関係を基盤にした子ども同士の健やかな人間関係の育成をする。
  3. 乳幼児期の自我の形成と、主体性を育む保育の展開をする。
  4. 家庭の保育ニーズに応じながら、親子関係を軸にして家族の絆を大切にした子育て支援の推進をする。
  5. 地域社会との連携、交流を図る。

保育目標 「明るく元気な子供」「やさしく思いやりのある子供」「よく考え、工夫する子供」

  1. よく食べ、よく眠り、よく遊ぶ子
  2. 体を動かすことを喜び、楽しく運動する子
  3. きまりや危険な遊び方・場所がわかり、安全に気をつけて行動する子
  1. 友だちと積極的にかかわり、様々な感情体験を味わう子
  2. 自分の考えや相手にも思いや考えがあることに気づく子
  3. 友だちと一緒に遊びや仕事を進める楽しさを味わう子
  1. いろいろなことに興味や関心をもち、見たり、聞いたりする子
  2. 身近な物を使って、考えたり、試したりするなどして遊ぶ子
  3. 感じたり、考えたりしたことをいろいろな方法で表現する子

幼児組では月に1回、クラスの枠をはずし、同年齢や異年齢の子どもたちと触れ合い、交流する「なかよしデー」を行っています。
さまざまな友だちとの関わりを深めることで、互いを認め合う心も育まれていきます。
また、子どもが自ら興味や関心をもって遊びができるよう、コーナーや場の設定には柔軟に対応。子どもの創意工夫に適宜答えていくことで、自主性・思考力・想像力を育むような保育を心がけています。